VOYAGER COACH ストーリー①

September 14, 2017

今年の7月にジェームス・ワンレス氏公認 ボイジャータロット国際認定リーダーの資格を取得しました。

 

 

リーダーとしての活動は昨年より開始していましたが、資格をもつことは、作者の意図をより深く理解できること、より鮮明なリーディングスキルを得るために必要だと考えたのです。

 

 

背中を押してくださったのは、日本におけるボイジャーの第一人者である  あまね理樺さん と、理樺さんが主宰するボイジャーマトリックスの仲間たち。

マトリックスチームのみなさま いつもありがとうございます。

 

 

カタカムナのことは二十年前から知っていましたが、ボイジャーは昨年の1月から。一目でこれだ!という閃きがありました。

 

 

実は、カタカムナを理解するためにボイジャーは大変有効でした。

22枚の大アルカナが描くアーキタイプと、56枚の小アルカナが持つエネルギーは、48文字のカタカムナ文字とそのまま対応しています。

ボイジャーが背骨なら、カタカムナはそれを生み出すエネルギーを言語化したもの。

 

 

この二つの同時進行があればこそ、世界が廻り始めたのです。

数霊の概念も全く同じ。寸分の狂いもなく、同じことを伝えている二つの世界を、並行移動しながら学んだ一年間でした。

 

 

火群シロの中では、ボイジャーとカタカムナは漫画の宇宙兄弟みたいなもの。

どちらがヒビトでどちらがムッタかは、ご想像にお任せします(笑)

 

 

ひらめきを互いにサニワできる関係とも言えます。

カタカムナ48音50世界の絵も、ボイジャーのセルフコーチングで描いたものです。

そのくらい、深く交差する世界。

 

 

これからはカタカムナをボイジャーで、ボイジャーをカタカムナでお伝えするという、火群シロならではの宇宙探索方法をお伝えしてゆこうと思います。

 

 

ややこしく思われるかもしれませんが、真実を知る道具はなんでもよいということ。

 

 

あなたが今出会っているツール(ヒーリング、カード、職場の異動や転職もダイエットも)が、あなたにとってどんな意味やギフトをもたらすのか、火群は経験から、あなたとの関係性を論理的かつ感覚的に説明できます。

 

 

これからは、体感した並行宇宙の世界をコーチングスタイルでお伝えしていきます。

興味がある方は、コーチングモニター体験会にお越しください。

 

 

自分を奮い立たせ、目標に向かって突き進む経験。

人生の中にいくつか、すでに経験されていると思います。

 

 

火群のセルフコーチング歴は思いおこせば10歳の時から始まっていると思い出します。

とても明確に自分を奮い立たせ、自分を律していかなくてはならない状況に追い込まれたのです。

 

それは、余命十年と医師から宣告されたこと。

 

 

その経験も、今、活かされていると感じます。(続きはストーリー②へ)

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

Mentor Healing 〜メンターと対話する〜

September 8, 2019