ヲワリとハジマリのものがたり

ふとしたことから、それはまわりはじめた。

まわりはじめると、音楽が生まれた。

音楽が生まれると、それを唄う者があらわれた。 彼らには美しい声があった。

美しい声が響くと、やがていのちが生まれた。 いのちは形を作り、ともに踊った。

踊るうちに輪が生まれた。

いくつもの輪が重なり、やがて地面ができた。 彼らは美しい声で唄い、踊り、まわりながら輪をつくった。 すると、輪の中心から一つの形をつくり、高く突き上げた。 高く高く、空ができた。

そして空に向かう、天への道ができた。

美しい声と、踊る輪の中心から、天に向かって道を登るものが現れた。 彼らには目がなかった。

だから行き着く先は見えなかった。 ただ高く高く、登るだけ。 そして、終わりが来た。 終わりが手をさしのべて、踊る輪の中心をぐいと引き上げた。

それと同時に、「何か」が「中」に入るのがわかった。 「何か」は問いかけた。なぜ、集まるのだ?

なぜ、一緒にいるのだ?なぜ、一緒に「いられる」のだ?

彼らには目がなかった。

だが、美しい声をもっていた。 声がこたえた。

それは「アイ」だと。

「アイ」とは、集まり、唄い、踊り、一緒に天に登ることだと。

終わりは驚いて、そして思った。

「アイ」を知りたいと。

それならいいと、彼らは終わりを受け入れた。 終わりはぶるぶると彼らの中でふるえた。

彼らと、「ひとつになった!」それが「アイ」だと、終わりは知った。