Mentor Healing 〜メンターと対話する〜

重なる世界には私達をサポートする存在がいます。

ライトランゲージでサポート存在と繋がると、目の前に画面が現れます。

存在は第4密度に居た頃の記憶や多次元での姿を画面に映してくれます。

映画のように流れるヴィジョン。

一瞬でもあり、永遠でもあるその人の物語が流れていく様を私は視ています。

サポート存在は何を思い、何を伝えようとしているのか。

その意図を汲み取る時間たけ、私の意図は表に出さず、横に起きます。

ただ受けとることに集中する時間です。

情報を受け取るのはほんの一瞬ですが、

言葉で説明しようとすると、何倍もの時間がかかります。

光の存在が放つ膨大な情報を受信し、今必要なエッセンスをお伝えするセッション。

それがメンターセッションです。

メンターもひとりの意識体です。

こう書くとガッカリされるかもしれませんが、地球で暮らす私達とそんなに意識の差はありません。

違うのは本質をそのまま生きていることくらいでしょうか。

自分というエネルギーをそのまま活かして存在しています。

そして、エゴがありません。