Quantum Healing〜宇宙の私は最小単位の集合意識〜

私(火群シロ)が行っているQuantum Healingの簡潔な説明は以下のとおりです。

2年前のブログより転載

「Quantum Healing(最小単位の物質に働きかけるヒーリング)は、わたしの中にもともと蓄積されていた情報であり、多次元に点在する分離した個性の表現を集め、繋ぎ、統合するワークです。アンドロメダ意識をベースにその人にあわせ、いろんな星の放射を使います。」

久しぶりに読み返して、本当にこの通りだなと思いました。

月2回×2年間+個人セッションによる経験でさらに理解は深まってきています。

ご質問・お問い合わせが一番多いセッションです。

ありがとうございます(^^)

今日はこちらのページで Quantum Healingのグループセッションをどのように実施しているのかを説明したいと思います。

昨年度より2会場2パターンのグループセッションを行っています。

4名さまにお集まり頂き、最初の20分は顕在意識を起こしたままで行う半瞑想を行います。

深い瞑想状態を作らない理由は、顕在意識が真我と重なる感覚を保ちながら、ヴィジョンの世界を探索しやすくするためです。

能動的に見て、食べて、飲んで、歩く。

存在が現れたら対話する。

香りを感じる方もいます。

床を歩く足の裏の感覚も得られるように、宇宙一、精妙な受発信装置である身体をフルに活用してイメージを受け取ることができるよう、これから出かける旅をより楽しむための準備です。

セッション中に現れるヴィジョンはホログラムでダウンロードされます。

ライトランゲージが流れる中でヴィジョンを再生すると、地球上の経験を参照し、ご自身にわかりやすい形で「波動の置換」が行われ、理解へと誘われるのです。

〜波動の置換とは〜

波と凪で受け取っている波動を脳内の記憶(主に地球上の経験)と照らし合わせ、物や色に置き換えること。

例えば、とても細やかなの光の波動を4人が同時に受け取った場合、それぞれ過去に同じ波動を感じた経験に置換され、一人は「仏像」一人は「天使」一人は「太陽」一人は「笑顔」として認識されることがあります。

重要なのは置換された物や色ではなくその対象を「どう感じるか」です。

感じ方を質問すると、一人は「清らか」一人は「やさしさ」一人は「神々しさ」一人は「母のぬくもり」という答えが返ってきます。

ナビゲーターは「観世音菩薩」が降りてきて「慈愛」を現してくれたように感じています。

言葉は違っても、受け取る波動は同じです。

人間は五感+六感、七感を用いて波動を表現することができます。

表現方法が違うことこそ、個性であり、美しいと思います。

無限に広がる美しい感性を楽しみなさいという創造主の恩寵ですね。

シャボン玉の虹もみんな違ってみんな綺麗❤

このセッションを複数回受講された方のご感想で多いのは、受け取るヴィジョンが回を増すごとに鮮明になってゆくということ。

これは「波動の置換」作業が上手になっていることを現します。

セッションに限らす、「感じたことを自由に話す」「制約のない場で表現する」ことは、

受け取るチカラ=感性 を豊かにしてくれます。

お金を払ってどこかに出かけなくても、親しい人との間でいつでもできることです。

未知の人間関係の中で自分を表現することは、世界を広げる一歩です。

チャレンジしたい。

新しい私を知りたい。

そんな人を応援する仲間に会いたい方はスターリングバードにいらしてください。

Quantum Healing グループセッションについて

会議室と、特別な空間で行うセッションでは、半瞑想の方法を変えています。

ナビゲーターである私の感覚ですが、場のエネルギーはヒーリングワークに大きな影響を与えていると思います。場所によって、視える範囲と受け取る情報量が倍以上違うのです。

ヒーリングワークを提供する場として一番ふさわしいのは、屋外だと思います。

静かな朝が最適です。

Quantum Healing in 江ノ島 とかできると素敵かも(妄想)。。。

屋外だと声の質を変えて行う必要があります。

季節も重要・・・(この続きはまたの機会に)

本題はここから!

宇宙の私を集めるとどうなるのか。

自分の特性・個性を知る・意識の統合というテーマ以外に何があるのか。

私の最大の好奇心と興味はそこにありました(笑)

2年間実施してわかったこと。

それは、宇宙の私が12人集まると、宇宙最小単位の集合意識が形成されるということ。

意識の海を形成することは、新たな意識を生み出す場ができるということです。

(面白い。。。)

このような情報は全て、お客様のパラレル存在や母体の集合意識さんから教わっています。

12人+私=13人集まった時点でひとつの意識にまとめ、そのまま母体であるグループソウルに汲み戻すケースもあるそうです。

とてもパワフルな「1」となって、集合意識に溶け込むイメージ。

その「1」は最小単位の集合意識を形成せず、母体への貢献を選んだことになります。

全ては選択です。

私も今のところ、集まっても「1」になってグループソウルに還っています。

今はまた小さな「1」から他を集めている最中です。

でもそのうち、新しい集合意識を作りたくなるかもしれませんね。

Quantum世界は可能性の世界。

宇宙の私を知ることで、自分の可能性が広がります。

Quantum Healingのグループセッションの開催日はこちらです。

https://www.shirohomura.com/event-workshop

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square